最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

カテゴリー「医療・健康」の6件の記事

2012年5月18日 (金)

人肉カプセル?

以前、人間の胎盤(熱処理はしているかも知れないが乾燥させない材料)を使ったクリームを中国で売っていて、それを買って帰った日本人女性が「お肌が驚くほどスベスベになる」といったという記事を見たことがあるが、

人肉を食べる、しかも目的は滋養強壮っていうのは、ユーザーとしても、日本人にはない感覚かもしれない。

でも、日本でも入手可能って記事もあったから、日本人でも買う人はいるようだ!?

2

死産した胎児や乳幼児の遺体から作られた粉末のカプセル、いわゆる「人肉カプセル」が滋養強壮剤などとして中国から韓国に密輸入されている問題で、専門家たちは人肉カプセルの大半は中国で生産・消費され、一部が韓国に違法に輸入されているとみている。中国や韓国以外の国でも流通しているかどうかは、現在のところ分かっていない。

 韓国関税庁は6日、昨年8月から現在までに人肉カプセル1万7000錠余りの密輸入を摘発したと発表した。だが、人肉カプセルの国内流通は、以前から広く知られていた。韓国からの注文分を中国東北部などで製造し、国際郵便などで配送している実態は、これまで何度かマスコミに取り上げられた。ソウル市の薬材市場で売買されている様子が捉えられたこともある。

 関税庁は遅まきながら、旅行者の手荷物や国際郵便物に対する輸入通関管理を大幅に強化する方針を発表したが、薬材販売業者たちは「関税庁の取り締まり方針は実効性に欠ける」と口をそろえる。

 昨年8月に流通実態が確認された人肉カプセルは、一般的な透明ビニール袋に包装されているか、瓶詰めの状態になっていた。カプセルの中には大きさにばらつきのある黄褐色の粉末が入っており、コレステロールを含む動物性の生臭いにおいがした。だが、人肉カプセルの売買実態が明らかになるにつれ、その形態も変化している。色やにおいで見分けがつかないよう、生薬成分などの植物性物質を混入したり、人肉カプセルを一般の医薬品の瓶に入れ、普通の薬に見せ掛けて流通させたりする手口も増えている。

 関税庁は、中国からの旅行者の手荷物や国際郵便物のうち、成分が不明なカプセルと粉末は全量開封検査するとしているが、一般の医薬品全てを確認するのは現実的に難しい。

 関税庁は昨年8月に人肉カプセルの流通実態を把握し、摘発に乗り出したが、旅行者の手荷物や国際郵便物に入れ、監視の目をくぐり抜けて韓国に持ち込まれたカプセルの数量は分かっていない。すでに販売済みの数量、販売されず韓国に残っている数量も、把握するすべがない。ある韓方(韓国式の漢方)医師は「薬材市場などに出回った人肉カプセルの量は、摘発された量をはるかに上回るだろう」と話している。

 最も深刻な問題は、人肉カプセルに対する需要だ。関税庁が取り締まりを強めても、需要がなくならない限り密輸入は今後も続くことになる。そもそも、人肉カプセルが韓国に流通し始めたのは、カプセルが「滋養強壮剤」や「万病治療薬」として末期がん患者などの需要を集めたためだ。ある薬材販売業者は「わらにもすがりたい患者たちは、人肉カプセルがさまざまな危険性を持っているにもかかわらず、今後もカプセルを買い求めようとするだろう。取り締まりを強化すれば、むしろ販売価格が上がりかねない」と語った。昨年は1錠8000ウォン(約560円)ほどで取り引きされていた人肉カプセルの価格は、最近では4万-5万ウォン(約2800-3500円)に高騰したという。

ソク・ナムジュン記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

Photo

2010年6月 6日 (日)

研究が示す真の健康リスク加工肉⑤Processed meat risk

研究が示す真の健康リスク加工肉5
Study suggests processed meat a real health risk
20100519

「アメリカ合衆国で食べられる未加工赤肉と加工肉の中の平均した栄養を見ると、双方に同様の平均量で飽和脂肪やコレステロールを含んでいるのがわかりました。」と、ミーヒャは言いました。
"When we looked at average nutrients in unprocessed red and processed meats eaten in the United States, we found that they contained similar average amounts of saturated fat and cholesterol," Micha said.

「対照的に、平均的に加工肉は4倍以上のナトリウムと50パーセント以上の硝酸塩保存料を含んでいました。」と、ミーヒャは言い足しました。
"In contrast, processed meats contained, on average, four times more sodium and 50 percent more nitrate preservatives," Micha added.

先月、医学研究所は、アメリカ人の高塩分摂取をカットする一助として食物に加えられた塩分量を規制するよう米食品医薬品局(FDA)に促しました。
Last month, the Institute of Medicine urged the U.S. Food and Drug Administration to regulate the amount of salt added to foods to help Americans cut their high sodium intake.

FDAは、食物中に塩分を規制するかどうかまだ言及していませんが、問題視しています。
The FDA has not yet said whether it will regulate salt in foods, but it is looking at the issue.

(編集 エリック・ウォルシュ)
(Editing by Eric Walsh)

以上

2010年5月31日 (月)

研究が示す真の健康リスク加工肉④Processed meat risk

研究が示す真の健康リスク加工肉4
Study suggests processed meat a real health risk
20100519

彼らは、塩漬け、燻製保存、化学保存料の添加のすべての肉を加工肉と定義しました。 このカテゴリにおける肉とはベーコン、サラミ、ソーセージ、ホットドッグ、処理デリカテッセンまたはランチョンミートを含んでいました。
They defined processed meat as any meat preserved by smoking, curing or salting, or with the addition of chemical preservatives. Meats in this category included bacon, salami, sausages, hot dogs or processed deli or luncheon meats.

未加工の赤肉には家禽はなく、牛肉、ラムや豚肉を含んでいました。
Unprocessed red meat included beef, lamb or pork but not poultry.

彼らは1日間、平均、毎日1.8オンス(50グラム)の加工肉を取ることで結果を出しました。1~2切れのデリミートか1個のホットドッグ—が、心臓病リスクの42パーセント向上、糖尿病では19パーセントのリスク高に関連づけられました。
They found that on average, each 1.8 oz (50 grams) daily serving of processed meat a day -- one to two slices of deli meats or one hot dog -- was associated with a 42 percent higher risk of heart disease and a 19 percent higher risk of developing diabetes.

彼らは、未加工の赤肉だけを食べた人々には、心臓も糖尿病もより高いリスクがでないとしました。
They found no higher heart or diabetes risk in people who ate only unprocessed red meats.

チームは、どのくらいの肉を人々が食べたかを含む要素を多く適応しました。生活要因は加工と未加工の肉を食べた人の間で同様であると言います。
The team adjusted for a number of factors, including how much meat people ate. They said lifestyle factors were similar between those who ate processed and unprocessed meats.

2010年5月25日 (火)

研究が示す真の健康リスク加工肉③Processed meat risk

研究が示す真の健康リスク加工肉3
Study suggests processed meat a real health risk
20100519

「この仮説は更なる検討をするのがよいでしょう。」 「確かに、それは食生活の変化をさせる理由にはなりません。」と、ジェームズ・ホッジズ氏(食肉協会会長)は述べます。
"At best, this hypothesis merits further study. It is certainly no reason for dietary changes," James Hodges, president of the American Meat Institute, said in a statement.

Study suggests processed meat a real health risk
20100519

ほとんどのダイエットガイドラインが、食べる肉の量を減らすことを勧めています。それぞれの研究の結果は、肉食と心血管疾患と糖尿病との関係を混合しています。
Most dietary guidelines recommend eating less meat. Individual studies looking at relationships between eating meat and cardiovascular diseases and diabetes have had mixed results.
しかしミーヒャは、多くの研究は、未加工と加工の赤身肉の間でのリスクの違いを見ていないと言います。
But studies rarely look for differences in risk between processed and unprocessed red meats, Micha said.

彼女と同僚は、加工と未加工の赤身肉を食べることと、心臓病や糖尿病のリスクの関係性に関する証拠を、世界中からのおよそ1,600の研究の系統的レビューをしながら探しました。
She and colleagues did a systematic review of nearly 1,600 studies from around the world looking for evidence of a link between eating processed and unprocessed red meat and the risk of heart disease and diabetes.

2010年5月23日 (日)

研究が示す真の健康リスク加工肉②Processed meat risk

研究が示す真の健康リスク加工肉2
Study suggests processed meat a real health risk
20100519

メタアナリシスと呼ばれる他のリサーチ分析での高い肉の消費にリンクする研究では、高血圧や癌は対象としませんでした。
The study, an analysis of other research called a meta-analysis, did not look at high blood pressure or cancer, which are also linked with high meat consumption.
「心臓発作と糖尿病の危険を下げるために、人々は、自分がどのタイプの肉を食べているかを考えるべきです。」と、ジャーナル流通の国民の健康の研究で、ハーバード大学のレナータ・ミーヒャ氏は言います。
"To lower risk of heart attacks and diabetes, people should consider which types of meats they are eating," said Renata Micha of the Harvard School of Public Health, whose study appears in the journal Circulation.
「ベーコンや、サラミソーセージや、ソーセージや、ホットドッグや加工処理されたデリミートなどの加工肉を避けることが最も重要でしょう」と、ミーヒャ氏は述べています。
"Processed meats such as bacon, salami, sausages, hot dogs and processed deli meats may be the most important to avoid," Micha said in a statement.
彼女の調査結果に基づくと、1週に1回以下であれば加工肉のリスクは下がります。
Based on her findings, she said people who eat one serving per week or less of processed meats have less of a risk.
米国食肉協会はこれは1つの研究に過ぎず、他の研究や米国人のための米国ダイエットガイドラインと対照的であると、調査結果に反対しています。
The American Meat Institute objected to the findings, saying it was only one study and that it stands in contrast to other studies and the U.S. Dietary Guidelines for Americans.

2010年5月19日 (水)

研究が示す真の健康リスク加工肉1Processed meat risk

研究が示す真の健康リスク加工肉①
Study suggests processed meat a real health risk

「ホットドッグ、ベーコン、ソーセージまたはデリミートを食べると、心臓病の可能性は42パーセント高まる」と米国の研究者が月曜日に出したレポートで言っています。
Eating hot dogs, bacon, sausage or deli meats increases the chance of heart disease by 42 percent, US researchers said in a report out Monday.(AFP/Getty Images/File/Jamie Squire)

彼らが言うには、「未加工の牛肉、豚肉、ラムを食べることは、心臓発作と糖尿病の危険性を上げないようようです。塩と化学保存料を肉と一緒に食べることが、これらの2つの健康上の問題の本当の原因に関連しているかもしれないと示唆しています。
Eating unprocessed beef, pork or lamb appeared not to raise risks of heart attacks and diabetes, they said, suggesting that salt and chemical preservatives may be the real cause of these two health problems associated with eating meat.

続くかも...