最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2001年「ナヌムの家」園長セクハラ事件 | トップページ | Stephen Paddock スティーブンパドックの父 »

2017年9月 6日 (水)

最近中国人観光客のマナーが良くなった!?

最近中国人観光客のマナーが良くなった最近中国人観光客のマナーが良くなったと思いませんか?

これは、政府が旅行会社に旅客へのマナー注意を促しただけではなく、法律まで作って取り締まっているかららしいです。
2015年4月6日に中国国家観光局発令で「旅客不文明行為記録管理暫定措置法」というのができて、このリストに載ると渡航先もしくは渡航自体を数年間制限されるそうです。
「不文明」というのは「マナー違反」という意味らしいです。
発令から一年で20名がリストに載ったとして、実名で発表されています。
法律さえ異なる外国での出来事なのに、何をしてマナー違反とするのかというと、
例えば、
・タイ航空路線のツアーでバンコクから南京へ帰国便搭乗後、座席交換と食事の問題でCAに激しい口論や脅迫など行い航空安全のた​​め、航空機を途中で引き返さざるを得なくなった。
Photo
・上海から札幌へ夫婦で旅行に行った際にホテルの近くのコンビニで、妻が支払い前に食品を食べようとして店員が注意、夫は店員が妻に恥をかかせたとして、店員を殴って鼻と顔を傷つけた。
Photo_3
・台湾の漁業資源保護地域で0.5 kgのサンゴを盗み地方環境法違反で裁判所からNT $ 4,000の罰金を科せられた。
Photo_2
などですが、これは完全にマナーの域を超えて警察沙汰です。
Photo_4
ところが、この法律は中国内でも当てはまるらしく、観光地の彫刻によじ登ってSNSの写真を撮ったとか、飛行機の緊急扉を開けたとかでリスト入りしてますが、
Photo_5
これもマナーの範囲は完全に超えてます。
やはり国内でも警察/公安のような治安維持公務員の判断でリスト入りするんでしょうね。
3
旅行会社のマナー注意は道で痰を吐くなとか、大声で騒ぐなとかの従来のマナーに関してですが、このブラックリストの実例を見てこの法律に「文明=マナー」とタイトル付けすることが文明的ではないですね。
2
とは言え、中国内でも大都市では若い人ほど先進諸国と変わらない礼儀正しさになっており、普通に老人に席を譲ったりします。
Photo_6
やはり豊かな生活環境が数十年続くと自然と上品になっていくのでしょう。
Photo_7
逆に日本も貧富格差が広がれば貧しい環境が数十年続いた人たちは、態度などの表面より先に内面が「不文明」になっていくと思います。
「一億総中流」からそうならないで「一億総『中の上』流」になるべく、苦労して、働きましょう!!!
Photo_11  
オワリ(写真と記事は関係ありません)

« 2001年「ナヌムの家」園長セクハラ事件 | トップページ | Stephen Paddock スティーブンパドックの父 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1435253/71626888

この記事へのトラックバック一覧です: 最近中国人観光客のマナーが良くなった!?:

« 2001年「ナヌムの家」園長セクハラ事件 | トップページ | Stephen Paddock スティーブンパドックの父 »