最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月 5日 (水)

今村雅弘復興相「感情的」をお詫び

今村雅弘復興相が記者会見で

「撤回しろ」「無礼だ出ていけ」「うるさい!」

と感情的になったことをお詫びさせられていた。

 

ジャーナリストには「取材の基本は相手を怒らせること」という常套句がある。

昨今は、自分自身の事前調査不足や知識・取材・配慮の不足、挙句の果てには偏見をも、
「怒らせるため」と称して、正当化するような者もいる始末である。

だから、記者会見の際にはマイクの下に、大きく

「取材の基本は相手を怒らせること」

 

と書いて貼っておいてはどうだろう?

Photo

新世紀エヴァンゲリオンを作るガイナックスは15年4月、被災地の復興を支援するために福島県三春町に子会社の「福島ガイナックス」を設立している。
遠目から見ても分かる「エヴァ柄」のネクタイを締めることについて、今村氏は「福島県三春町のガイナックス社に行ったときに頂いた。最初は孫にも笑われて、恥ずかしかったですよ。でも、このネクタイを着けていると、周りの人が興味を持って『何ですか?』と聞いてくる。そこで私が『福島の企業を応援するためです』と理由を説明すると、皆さん納得して頂ける。こうした宣伝にもなるから、とてもありがたいネクタイです(笑)」
などと、その「魅力」を力説していた。

Photo_2

追伸(2017年4月26日)…

ありゃりゃ!辞めさせられちゃいました!

「取材の基本は相手を怒らせること」だけど、逆に「ジャーナリズムを怒らせる」と徹底的に標的にされるのも事実ですね。

そりゃ、日本全体で見たら、どんな大災害でも、首都寄りで起るより、首都から離れた場所で起こる方が被害がマシと思うのは当たり前でしょう。

確かに東北の人は傷つくんですが、東北人も含め誰もがわかっている常識なのに、些細な失言で大臣辞めるというのは、ジャーナリズムの作り上げた「新常識」で、これによってジャーナリズムの横暴が助長されて行きますよね。

具体的に知りませんが、「大臣の首なんて俺たちのペン一本でどうにでもできる」と既に思っているジャーナリストは一人じゃないと思います。

大臣一人交代する度に、コストが増え、国政が滞り、国政の質が停滞し、国際競争力が削がれるってことがわからんのでしょうか?

2017年4月 1日 (土)

反日中韓を操るのは、じつは、同盟国・アメリカだった 馬淵睦夫 著

「反日中韓を操るのは、じつは、同盟国・アメリカだった 馬淵睦夫 著」

のタイトルでようつべに出ている内容のテキストをコピペしてみました。

同盟国である米国に、慰安婦の像が建てられていることに、日本人としては納得できないはず。

米国は、韓国よりも、日本の立場を擁護するはずだと、日本人は思う。

同盟国である米国が、韓国に圧力をかけて、慰安婦問題に関して、韓国の口を封じることはできるはず。

しかし、米国はそうはしない。

北朝鮮と日本の最大の懸案である、拉致問題も、米国が、北朝鮮に圧力をかければ、解決するはず。

尖閣諸島の中国の侵略も、米国が中国に圧力をかければ、中国の公船は尖閣諸島には接近しなくなるはず。

しかし、米国は、特定アジアの三国の行動に対しては、距離を置いて眺めているだけ。

これは、どういうことなのか。

実は、米国は、特定アジアの三国を使って、日本との対立関係を演出し、日本を封じ込めようとしている。

米国は、日本が強くなることは望んではいない。

米国は、日本と、特定アジアの三国が友好関係を築くことを恐れている。

日本と、特定アジアの三国を分裂状態にしておくのが、米国が考える東アジアレジームである。

米国を支配しているグローバリストたちは、日本をグローバル化し、そして、ロシアをグローバル化することを画策している。

先進国で、グローバル化していないのは、日本と、ロシア。

グローバリストたちの視点から見ると、世界で起こっている、一見、理解しがたい出来事の本質が理解できるようになる。

日本はかろうじて、グローバル化されていない、ナショナリズム国家である。

ロシアも、グローバル化に抵抗している。

日本と価値観を共有しているのは、実は、ロシアである。

日本は、ロシアと、同盟関係を結ぶべき。

金融で世界を支配しようとしている、グローバリストの野望を砕く事ができるのは日本だけである。

国民は、世界で起こっている不可解な出来事の真実をしるために、精神武装せよ

中韓の反日教育は単純に不快感を持っていましたが、毎年人口の1割が日本に遊びに来る韓国人。一方、中国以上に異常に強い反日教育をしてきた韓国政府に違和感を覚え、Wikiで韓国の歴史を読むと、戦後のリーダーは米国が据えた李承晩であり、彼はそれまでずっと米国にいた人で失脚してからも米国ハワイに逃げています。つまりまるきり米国の傀儡だと言えるでしょう。そして徹底した反日主義は李承晩が持ち込んでいます。その後、政権が何度代わっても反日主義が弱まらないのはどう考えても米国がそれを認めているからだとしか思えません。そして文化的にも民族的にもそっくりで、双子のような日韓が日本の統治で一体化しようとしていたことを快く思わないのは今の米中です。そういう意味では、戦前から能力の高い日本と、戦後能力の高さを発揮した韓国とに再び手を組ませない前提としての、韓国での反日教育は、米中共通の利益であったはずで、それは今でも基本的に変わらないでしょう。

Photo

馬渕さんは「中国大陸の共産化は米国が推進した」という事になってます。蒋介石を使って日本の中国大陸支配を阻止し、それが終わったら共産主義の毛沢東を使って蒋介石を台湾に追いやった。しかもそれが終わったら、今度は毛沢東に冷たくしたので、仕方なくソ連と手を組んだ。しかしスターリンと毛沢東は馬が合わず、徐々に仲たがい。」と言われます。
私はそこまではわかりませんが、韓国の反日が米国主導で行われてきて、これからも続くというのは大変道理にかなっています。原爆を落としたのも李承晩を送り込んで反日教育を認めたのは間違いなくトルーマンですし、もしかしたら、日本に戦争を仕向けたのもトルーマンかも知れません。

最近では、米国での慰安婦像問題も決して在米韓国人のロビー活動能力が高いというだけでは片付かない背景があると感じていました。

まだ当分、韓国の反日教育は続くでしょうが、交通網の発達で、韓国人は大人になれば簡単に日本に来ます。台湾人程ではないですが、人口比で言っても中国人の20倍日本に来ているわけですから、韓国人・中国人に優しくして他国の政策に抵抗しましょう。

オワリ

« 2017年3月 | トップページ