最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« またやってる!社会に貢献しろよ、マスコミ | トップページ | がんばれドジョウ総理! »

2011年9月19日 (月)

原発のあるとこー、ないとこー

原発問題には触れたくなかったのだが、一事実だけ。

東日本大震災直後、「安全なところはどこなんだ」という声がよく聞かれた。

今いる街、県、国が危ないなら、家族で安全な所へ逃げたいというのは自然な考えだし、

ここが故郷だから、ここでみんなと改善努力をして、どうしてもだめなら、皆と同じように被害にあおうというのも理解できる。

原発事業は原料の販売だけではないが、日本がウランを買っているのは、オーストラリア、カナダ、アフリカ(の二つの国)である。

Photo

オーストラリアは一番小さな大陸で一番大きな島だと言われるように地理的に独立している。カナダは北米を南北に真っ二つに割った北側全域である。ユーラシアと近接しているがアフリカはこれも独立した大陸である。

そして、この三つの大きなエリアには原発がない。

アフリカの最南端で、言わずとしれたアフリカで唯一の白人社会、イギリス連邦の南アフリカにあるだけである。

Photo_2

原発反対なわけではない。

売ってる国が使ってないから、よくないとは言わない。

癌になったことのないがん専門医はあてにならないわけではない。

Photo_3

でも、魚を食べない魚屋から買った魚を食べている事は認識しなければならない。

画像引用元

http://www.jogmec.go.jp/mric_web/koenkai/060727/breifing_060727_1.pdf

« またやってる!社会に貢献しろよ、マスコミ | トップページ | がんばれドジョウ総理! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1435253/41837666

この記事へのトラックバック一覧です: 原発のあるとこー、ないとこー:

« またやってる!社会に貢献しろよ、マスコミ | トップページ | がんばれドジョウ総理! »