最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

自治体人手不足、義援金給付1割未満

義援金、被災者に届かない…給付は1割未満
読売新聞 4月30日(土)3時4分配信
 東日本大震災で寄せられた義援金の給付が進まない。岩手、宮城、福島の3県へ日本赤十字社などから送られた約580億円(第1次分)のうち、被災者の手元に届いたのは1割にも満たないことが、読売新聞の調べでわかった。
 事務を担当する市町村側で職員が足りなかったり、住民への通知や本人確認が出来なかったりし、足踏み状態が続いている。
 日赤や中央共同募金会など4団体と被災した15都道県による「義援金配分割合決定委員会」は今月8日、死亡・行方不明者1人当たり35万円、住宅の全壊・全焼は1戸当たり35万円、半壊・半焼は同18万円を各世帯に配ることを決めた。
 宮城県には計約238億円が配分されたが、実際に受け取った被災者は、ほとんどいない。全職員の7人に1人が死亡・行方不明となった同県南三陸町では、戸籍が流失するなどして受取人の確認が難しいことに加え、町外への避難も十分把握できないという。「事務量が多く義援金にまで手が回らない」と、町職員から悲鳴が上がっている。
 岩手県には約101億円が配分されたが、29日現在、申請を受け付けているのは、対象23市町村のうち宮古市など5市町村のみ。野田村が、県と村の独自分を上乗せして259人に計1億4002万円を渡しただけで、他の自治体では支給はこれからだという。 .

だって。

蓮舫さん、橋下さん、石原さん。

事業仕訳の外郭団体や職員削減対象組織ややたら多い自治体議員を1年間でも手伝いに行かせたら?

仕事のジャマか………………Photo

2011年4月29日 (金)

ゾウの時間 ネズミの時間 一生の時間

哺乳類の生理的限界寿命はからだのサイズの4分の1乗に比例して長いとされ、心臓の拍動や呼吸活動の一周期にかかる時間も同じ関係にあるので、哺乳類各種の個体がその生理的限界寿命の間に行う心拍や呼吸の回転数はサイズに関わりなく同一である、とされます。ネズミの生活テンポが速く寿命も早く来てしまうのに対して、ゾウに流れる時間はゆったりとしていて寿命も長いように見えますが、生命活動の総量としては同じ。

(サイトから引用ですが)というのが、一時期ベストセラーになった東工大の本川達雄教授の1992年出版の「ゾウの時間、ネズミの時間」の考えです。

Photo

私が、1983年頃に考えたのは、少し違います。

生き物の一生の感じ方は同じで、それが時間によって分割されるということです。

よく若くして亡くなった方に「あんなに若いのに可哀そうに」という言い方をします。

確かに残った人からするとそうですが、元気で2倍の時間を生きたの1時間と、その半分の時間を生きた人の1時間の価値(もしくは感じ方)が同じでしょうか?

1歳で死んだ人の1時間は、その人の一生が一年なのだから、その人の1時間は、100年生きた人の1時間と同じではないはず。つまり、1歳で死んだ人の1時間は100年生きた人の100時間に相当するということです。

20代前半でこのような考え方を信じた私は日々をそれを確信することになります。

子供のころから、大人たちが「年を経るごとに時間が早くなる」というのを聞いていましたが、20歳を過ぎても気にもかけていませんでした。

その後、この考え方(仮に「生涯時間同一論」としましょうか)を心に確立してから、大人が言っていた、年を取るごとに時間が早くなるというのがこれで理にかなうと思い始めました。10歳の時の1年は一生の10分の1の時間ですが、50歳の時の1年は一生の50分の1の時間の感覚なのですから、短く感じるのは当たり前です。

実際自分も年を重ねるごとに1年が過ぎるのが早くなっているのを実感すると、余計にこの仮説を信じるようになりました。

つまり、残酷な言い方かもしれませんが、1歳で死んだ赤ん坊も、赤ん坊の時間感覚からすると決して短い人生ではなかったということになります。彼にとってその1年は80歳で死んだ人と同じ長さなのですから。

3歳までの記憶がほとんどの人にないのもうなずけます。

21歳の人にとって、3歳の時の1時間は、ついさっきの1時間の7倍のスピードで過ぎたわけですから、覚えている方が難しいと言えます。

この仮説を裏付ける、もっと他の例があればよいのですが、、、、

逆にこの仮説を否定する考え方があれば最も面白いのですがどうでしょう?

2011年4月23日 (土)

原発は置いといて、東北復興!それには消費は美徳。

原発は大きな問題で、原発が解決しないと東北復興はないのであるが、

これは東電と政府が何とかするしかないわけで、

個々人や原発に直接関係ない企業単位でできることは、震災での被害とその復興である。

20兆円前後の被害額を国費でカバーできるのは年間数兆円。しかも政府は原発優先。

義援金が阪神淡路の5倍以上集まっても1兆円。

日本全体で無駄をなくして義援金や復興のための税金に回しても、無駄はこれまで消費に回っていたわけで、税金にもなっていたわけであるから、節約、自粛は経済を停滞させるだけ。

じゃあどうするか?

貯金を使うしかない。

老後の蓄えが????

しかし、ここで国の国民への借金を増やしても、老後の蓄えが増えた分だけ経済が停滞して、年金が減るだけ。

最悪、個人保険会社も潰れなくとも、支払額の減額がありうる。

とにかく、使えるだけお金を使うか、今まで通り使ってプラスアルファに義援金を出し続けるかである。

とにかく、一旦貯金を減らしてみるべきだ。

ただ、今回の一見で少し価値観が変わったはず。

テーブルの汚れをティッシュで拭くのではなく、手ぬぐいやタオル等で拭いて1日一回、風呂の残り湯での洗濯機で洗う。つけっぱなしのエアコンを消す。違う部屋で同じテレビを見たりしない。少し早く出て車を使わない等々。それで浮いたお金で外食をしたり、少し高級な東北のお酒を買えばいい。すくなくとも風評被害は避けて、政府が大丈夫だという東北の製品や作物は積極的に購入しましょう。

Miyagi

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »