最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

中国、6か国提案で反転攻勢…北の孤立回避狙う 読売新聞 11月29日

中国、6か国提案で反転攻勢…北の孤立回避狙う 読売新聞 11月29日(月)3時5分
 【北京=佐伯聡士】北朝鮮による韓国砲撃事件、米韓合同軍事演習を受けて、中国の胡錦濤政権が朝鮮半島の緊張緩和に向け、胡錦濤国家主席に近い外交担当の実力者、戴秉国(たいへいこく)・国務委員(副首相級)の韓国派遣に続いて、28日には、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の首席代表による緊急会合を提案するなど、外交攻勢を本格化させている。
___________________________________
このブログの2010年11月23日 (火)の[景気対策か? 南北朝鮮砲撃戦]で、
問題は、
①どちらが仕掛けたか?:当然西側の報道では、北朝鮮からと言う事になっているが。
②北だとしたら、中国の差し金か?:子分に喧嘩をしかけてさせて、仲介することで国際統治力を見せるのか。
③中国でなければ、中国は北のコントロールが効かなくなったのか?:単なる軍の3代世襲=金正恩権力継承に対する不満からか?
④例によって米中もしくは米中露合意の景気対策か?:韓国軍がこの辺りで7万人の軍演習をしていたなら、米韓側の挑発か?
としましたが、
②の可能性が高くなってきました。
嫌中共派の石平氏は、『中国の経済専門家たちが語るほんとうに危ない!中国経済』の中で、「今、世界で最も経済発展しているように見えて、中国版リーマンショックを来年に迎える。」という意味の事を言っているが、それが本当なら一日も早く国際政治的リーダーシップを取っておくべきだと考えるのは当然でしょう。
その中で最も手っ取り早いのが、やんちゃな弟にいたずらさせて、それを叱って、弟が従うという「やんちゃ者を抑え込む力を持つアニキ」というポイントを得ることです。
でも、中国版リーマンショックが来ると日本も非常に困る状況に今ありますからね。

2010年11月27日 (土)

そんなに深刻な話でもない!?

中国クレイム米国

 【北米総局】米国のボズワース北朝鮮担当特別代表が訪中し、中国外交を統括する戴秉国(たいへいこく)国務委員や武大偉(ぶだいい)朝鮮半島問題特別代表らと北朝鮮砲撃事件直後に会談した際、中国側が「(米国が)北朝鮮と対話しないから、こういう事件が起きたのだ」と対北政策に苦言を呈していたことが27日、分かった。米中関係筋が明らかにした。中国は6カ国協議再開や米朝対話を促してきたが、米国が拒否するうちに砲撃事件が発生。6カ国協議議長国として、伝統的な友好国である北朝鮮と日米韓の対立のはざまに立つ中国のいら立ちが浮き彫りになった。(毎日新聞)

これはポーズ。これが本音だったら、やんちゃな子分(北)がキレて、キレた理由が、「オタクが冷たくするから、ウチの弟分がキレるんじゃわ」と言っているアニキ(中共)みたいなもん。

でもアニキは、弟分にもっと自分ところのウリモン(武器類)を消費してほしいはず。

心の中では「もうちょい、ハデにドンパチせんかい!」

と思っている?!

Photo_2

お父ちゃんウチの血の気の多いのがやってしもたがな!

かまへん、かまへん、お父ちゃんもガンバっとるがな。

どのコがええやろ?

With_4

2010年11月25日 (木)

今回の南北朝鮮紛争 昨日の時点で

今回の南北朝鮮紛争 昨日の時点で、
日米のメディアでは当事者ではないので当然 被害者・避難者の状況、今回の政治的背景の推測など客観的な事に終始していますが、
韓国の昨日の報道では、真っ先に反撃が5分以内であるべきものを13分かかったとか、
日本のメディア経由での情報では、砲弾の数が少ないとか、「ワールドカップか!」と思ってしまします。
一方北朝鮮のメディアは24日朝の時点で21日付の記事しか出ておらず、65年前の先の大戦時の従軍慰安婦問題で日本への凶弾がトップ記事でした。

2

日本のメディアによる韓国情報
今回の事件への韓国国内からは、「弱腰だ」という批判の声が出ています。24日の韓国の国会でのやり取りですが、国防省によりますと北朝鮮からの砲弾の数の方は170発、韓国軍の対応射撃は80発。北朝鮮からの攻撃の半分にも満たないため、野党から「対応が消極的ではなかったのか」という批判の声も出ています。

24日朝の韓国のネットニュース(翻訳はネット自動翻訳+αですのでいい加減です)
韓国軍も精度の高いK9自走砲で約80フィートの対応砲撃をかけたので、北側の被害があると思われます。 しかし、対応砲撃が北朝鮮の攻撃が始まって13分過ぎに行われたという点が疑問に残ります。
ジョンヨウンテ記者です。
<記者>北朝鮮軍が23日午後2時34分に海岸砲射撃を開始すると、韓国軍は13分後の午前2時47分ごろ、K9自走砲で、最初の対応砲撃を施しました。 北側が続いて午後3時11分から数十発の2番目の砲撃を加えた時も、韓国軍は、14分後にようやく対応の砲撃で対抗しました。
これに対し、北朝鮮の砲撃で5分以内に対応するようにしている韓国軍の作戦計画に照らして、あまりにも遅い対応ではないかという批判が提起されています。合同参謀本部関係者は、北朝鮮軍の正確な発射地点を確認し、射撃の承認手続きを経なければならなかったとし、正常な対応がなされたものだと解明しました。
これまで、韓国軍は北朝鮮の海岸砲が西海諸島を直撃する場合は、直ちに対応するという方針を決定しました。
特に、延坪島には、北朝鮮の基地を大砲兵レーダーが稼動していただけに軍の対応時間が適切かどうかについては議論が続くと思われます。一方、韓国軍は、KF - 16やF - 15K戦闘機を緊急出撃させ、北側の海岸砲基地やミサイル基地の爆撃準備を行いましたが、北側の追加の挑発がなく実行はされていません。わが軍のこうした動きに、北側の空軍の戦闘機も緊急出撃したと伝えられました。
2010-11-24 07:56

一方、北朝鮮は24日時点では紛争は語られず、労働新聞では二日前の"戦犯国の危険な軍国主義の野望を実現策動"という記事が最新でした。(翻訳はネット自動翻訳+αですのでいい加減です) 

(平壌11月21日 朝鮮中央通信)
いくつかの"労働新聞"に掲載された個人的ペンネーム「ロンソル」の"戦犯国の危険な軍国主義の野望を実現策動"の全文は次のとおりです。
かつて戦犯の罪を犯した国々がそれに対してソングンに謝罪、反省して賠償することは、今後二度とこのような轍を踏まないようにする意志の反映として、侵略と戦争のない平和な世界で暮らすには、人類の念願に適合される。
前世紀、人類は、2つの世界大戦で不幸と苦痛、災害を体験した。戦争がもたらしたものとは、破壊と死だけだった。戦争で不幸と苦痛を受けた世代はもちろん、その子孫たちも、戦争の災難の結果に精通している。このことから人間性は誰にも破局的な戦争を二度と繰り返ししないことと戦争の根源を完全になくすことを要求している。しかし、これを無視し、危険な侵略の野望を執拗に追求している国がある。まさに、日本である。
日本は乱れた過去を持つ戦犯国である。前世紀の前半、"大東亜共栄圏"を夢見ながら、わが国を含むアジアの国々を侵略した日帝は、東方の"盟主"とみなされようとアジアの人民を対象に、血まみれの殺戮蛮行を敢行した。これにして数多くのアジアの人民が大きな被害を被った。
特に、日帝は、かつて我が国の極意的に占領し、40余年間にわたる植民地統治を実施し、朝鮮人民に計り知れないほどの不幸と苦痛を与えた。我が国の野蛮な植民地統治期間の日本は世界の歴史上かつてない慰安婦制度を作り出し、数多くの朝鮮女性を拉致、誘拐した。 20万人に達する女性たちが日帝の侵略戦場で、貞操を蹂躙されて花の青春を踏みつぶされた。日帝の野獣的蛮行によって無魂となった女性たちは数知れない。
日本軍慰安婦制度は徹頭徹尾、日本政府と軍部が権力を発動して、我が国をはじめとするアジア諸国で数多くの女性たちを強制的に拉致し、"皇軍"の性奴隷とた国家的犯罪である。人類の歴史に数多くの戦争が記されているが、政府と軍部の指示と関与の下に多数の拉致、誘拐がなされ集団的に戦場の性奴隷として集められ、超大型反人倫的犯罪を犯した国は日本しかない。
しかし、日本は過去に対する国家的責任を否定し、その清算を必死に回避している。日本は慰安婦制度がお金を目的とした一部の個人によって生じたもののように話を作っている。これは日帝によって無惨に貞操を蹂躙されて悔しく死んだ日本軍慰安婦たちの亡骸の灰を撒く行為である。日本がまだ存続している慰安婦被害者たちの絶叫を無視することが出来ると思うなら、それは大きな誤算だ。
去る7月、日本の同盟国と呼ばれる米国の国会議員らが、日本政府が慰安婦犯罪について公式謝罪するのを何回も要求した事実が国際社会の注目を集めた。米国下院外交委員会アジア太平洋小委員会の委員長が発表した声明には、米国下院で日本軍慰安婦関連決議案が採択されてから3年が経過したこの決議案は、残酷な苦痛を受けた被害者たちに、日本政府が首相を介しての公式の認定と謝罪を直接しなければならないという点を明確に明らかであったと指摘されている。声明は、日本の歴代首相それらの誰もがこのような人権侵害の犯罪について公式に認め、謝罪していないと指摘し、かつての過ちに対して、日本政府が公式に謝罪する必要があるときは、まさに今だと強調した。一方、米国下院外交委員会所属のある議員も声明を発表し、高齢の日本軍慰安婦被害者たちは、毎年目を伏せているが、日本がいまだに慰安婦関連決議案を実行せずにいるのに対し、憂慮を表示しながら、日本政府が徹底した真相究明と公式謝罪、法的賠償措置を取ることを要求している。事態がどれくらい深刻になれば、最近、日本の大阪市議会が日本軍慰安婦問題の早期解決を政府に求める意見書を採択するのだろうか。これは、国際的に日本の過去の清算が多く未解決で、時代的要求として提起されていることを物語っている。
日帝が敗亡かどうかは60年以上の歳月が流れた今日も、日本が過去の犯罪について反省し、謝罪と賠償をせずにいることは、国際社会ににとって、"平和国家"と自任する日本の醜い正体とその将来についての深い懸念を催すようにしている。これは決して偶然ではない。
今日の日本では過去の犯罪を否定し、軍国主義の野望を実現するための動きがますますもっと活発化している。日本の反動勢力が、海外膨張策動を本格的に責めている事実を通じても、それがよくわかる。
日本が"海賊行為の防止"の美名のもとに莫大な資金を投じて、アフリカのジブチに初の海外軍事基地を建設したということは周知の事実である。今の日本は、自衛隊の海外での軍事活動の範囲を国際貢とし、それに対する国際社会の反応を見守っている。日本の自衛隊は、すでに米国の侵略的な対テロ対策に結集することを通じて、海外の軍事活動の経験を十分に積んでいる。これに基づいて、日本の軍国主義勢力は自衛隊の海外での軍事活動を合法化することができる条件と環境を用意するのと同時に、その幅をより拡大しようとしている。インドの量で、自衛隊の軍事活動の経験にもとづいて、その範囲をソマリア海域へと拡大した日本の反動勢力は、初めから海外の軍事基地を建設し、彼を拠点とし、海外侵略作戦を本格的に実践に移そうとしている。
アナリストらが自衛隊をどのように遠い水域にまで合法的に進出させることができるのかを打診し、日本が海外の軍事基地を建設していると主張しながら、それは日本政府が世界的軍事的影響力を拡大しようとしていることを示していると評したのは筋が通っている音である。
日本では自衛隊を完全な海外侵略武力に移行しようとする動きが目立つようになった。
最近作成された新しい"防衛計画の大綱"の内容を見てみよう。新しい"防衛計画の大綱"は、自衛隊の海上・航空戦闘力を高め、自衛隊の一部を、米国の海兵隊のように転換し、"国際平和維持活動"の範囲を拡大し、"武器輸出3原則"を緩和することと一緒に軍需産業の基盤を強化することを主な内容としている。日本は自衛隊が、国際舞台で、"軍事的安全性"を担保にするよりも大きな役割をするのを追求しながら、自衛隊の海外派兵に関する法律の制定を責めている。これは、新しい"防衛計画の大綱"の本質は、自衛隊の海外侵略の準備を完成させるとともに、海外軍事活動の範囲を拡大するということを知ることがでる。
最近、日本の防衛省が"武器輸出3原則"を再検討している事実も明らかになった。 "武器輸出3原則"見直し案には、最先端の装備品を比較的低コストで導入する目的から戦闘機や偵察機などの近代的な武装機器の開発と生産に日本が他の国々と共同で参加する必要性が強調されてている。また、"国連平和維持活動"をはじめ、海外での"国際協力活動"への自衛隊の機器の提供を"武器輸出3原則"の適用対象から一律に除外するように要求している。
年末に閣議で決定することになる、新しい"防衛計画の大綱"の本格的な調整がすでに始まった。今回の日本の防衛省は"国際協力活動"の推進と日米同盟の強化、そして、日本の"防衛力整備"を、新しい"防衛計画の大綱"の骨子と決めて検討している。これは、それこそ危険な海外侵略の意思の産物である。
去る8月と10月に"みんなが靖國神社を参拝する国会議員の会"に所属されている国会議員たちが群れをなして靖國神社に押しかけて参拝したのも、日本の反動勢力の軍国主義の策動の一環である。知られているように、過去にアジアの国々の侵略戦争に先に立った特急戦犯の"位牌"が保管されている靖國神社は、日本の人々の中に複数の注意と軍国主義思想を鼓吹する思想的拠点となっている。
日本の反動勢力は、自国の人民に多くの危機感や軍国主義思想を鼓吹することにより、それらを海外侵略戦争への効果的扇動として喜んでいる。彼らは、高校の歴史教科書たちで、日帝の過去の犯罪行為を意図的に削除するかのような歴史の歪曲、不正行為を続けており、日帝が敗亡したのが、力不足であったと宣伝しながら、侵略戦争で死んだ者たちを"英雄"として賞賛している。そうすることで、靖国神社の参拝を定例化し、育ちゆく新しい世代たちの頭の中に軍国主義思想を体系的に注入するのを画策している。今回の靖国神社を参拝する国会議員は、近隣の国々がどのような状況にあっても平気で、日本の固有の"精神文化施設"を国会議員らが参拝することができない場合は、国の主権も国家も存在することないと吹聴する。それこそ軍国主義の毒素にどっぷりつかった妄発である。これにより、日本の反動勢力は、国内の国粋的戦時体制を立てようとしている。日本の右翼政治屋たちの靖国神社参拝のゲームでは、国民に対する彼らの軍国主義の毒素注入策動が、日本の危険な海外膨張策動の一環とされていることが分かるようにする。
日本で行われている尋常ではない軍国主義的な動きは、日本の反動勢力が海外侵略の道に"大東亜共栄圏"の成立を実現しようとしていることを実証してくれる。日本が今日までの過去の清算をせずにいる根底には、まさに過去の轍を踏む危険な複数主義、軍国主義の野望が敷かれている事がある。
最近の時期、日本での日々露骨化している軍国主義の野望を実現策動は、過去の罪過を率直に認め、反省し、清算するように要求される世界の民心の要求に配置される。日本は前世紀の人類に惨禍を精算し、過去の歴史と決別し、新しい出発をしなければならない。日本が過去の清算の法的、道徳的な責任を必死に回避しながら、軍国主義の道に続いていけば、順番の質のことは、国際的な孤立と破滅だけだ。
日本の反動勢力は、これに留意し、軍国主義の野望を放棄しなければならない。(終了)

上記にもあるアフリカのジブチ基地の話↓。私もこれは知りませんでした。

日本最初の軍事基地がアフリカのジブチ共和国に建設される!
私も最近知ったことがあります。在日米軍が問題になる中、日本最初の軍事基地がアフリカのジブチ共和国に建設されるということです。国内では全くといっていいほど報道されていません。日本はアメリカの言うがままで
もなく、「海賊対策」を隠れ蓑に、主体的に基地を作ろうとしています。憲法9条のもとで、ここまで出来てしまうことに、どう考えたらいいのか。やはり知ることが一歩なのかもしれませんが、ラブキンさんの安保条約と憲法9条の質問を含め、立ち止まってしまう自分がいるのも事実です。(森井雅子)

2010年11月23日 (火)

景気対策か? 南北朝鮮砲撃戦2010/11/23

韓国 2010/11/23 20時50分JapanTime
南北朝鮮が1953年の朝鮮戦争終結以来の過激な砲撃戦。
双方は、係争中の境界線で火砲戦が激化している。

....................................................................................................................................................

問題は

①どちらが仕掛けたか?

 当然西側の報道では、北朝鮮からと言う事になっているが。

②北だとしたら、中国の差し金か?

 子分に喧嘩をしかけてさせて、仲介することで国際統治力を見せるのか。

③中国でなければ、中国は北のコントロールが効かなくなったのか?

  単なる軍の3代世襲=金正恩権力継承に対する不満からか?

④例によって米中もしくは米中露合意の景気対策か?

  韓国軍がこの辺りで7万人の軍演習をしていたなら、米韓側の挑発か?

201011231953

2010年11月22日 (月)

コストコで買ってはいけない4つのもの

以下はYahooに載っていた記事から飛んだ記事の意訳、要約、抜粋です。

日本でも9店舗もあり、かなり浸透してきたコストコです。土日は人でいっぱいです。外国人が多いのも傾向です。

以下の記事は、アメリカの記事なので、必ずしも日本のコストコと条件が同じでない可能性がある事と、私の翻訳がいい加減な可能性がありますので、ご了承ください。

しかし、アメリカ人は消費者活動が大好きで、ヤフーのトップにはしょっちゅう、「買ってはいけない」、「食べてはいけない」、「○×○の10の比較」、などという、生活用品の批判だらけです。日本よりは規制が緩い分、街に出回る製品を信用していないのでしょうが、日本人が逆に信用しすぎるのかも知れません。

↓【同様のネタで新しいのはこちら】↓

コストコでのベスト10とワースト10 お得な情報

Costco

コストコで買ってはいけない4つのもの

1. デザイナーブランドの服
デザイナーブランドであるだけで、安いデザイナーブランドはデパートの同じブランドのものと品質が同じである保証はなく、惑わされがちである。同じ値段のノーブランドより質が悪い可能性があるということです。

2. 輸入エビ
米国で販売されたほとんどのエビは、環境保護規制が手緩いるラテンアメリカと東南アジアの国から輸入され、「eco-最悪」環境で取られていおり、グリーンピースの標的にもなっています。

3. シーツとタオル
ターゲットとウォルマートはこの市場を買い占めているので、コストコはめったに上位の売れ筋の色のシーツとタオルの品ぞろえが十分でない。寝具と家具においては色の品ぞろえの限界をコストコも認めています。

4. ネーブルの12ポンドのカゴ
これはネーブルに限らず、レタスなどの食品も同じであるが、大量に買って腐らせるなら、地元のスーパーでクーポンを使って買った方が得なものも多いということです。

コストコで買うべきである4つのもの
メンバー制倉庫店であるコストコは、エレクトロニクス、基本食料品、および家庭必需品、加湿器、ベストセラーの本、ヴィンテージのシャンパンなどは素晴らしい。
家に十分なスペースがある限り、ペーパータオルや、おしめや、シェービングクリームなどでコストコを上回る店はなかなかない。ただ、グラム当たりの価格は良くても、マヨネーズはそんなに一度に要りません。

1. チョコレートトリュフ
上位フランス菓子店から正統のフランスのチョコレートトリュフを仕入れます。しかし、このトリュフは1年に一度で、ネットでは分からないかもしれません。

2. 眼鏡
安価で、認可されたメガネ屋が店内で検眼し、1週間後に受け取れます。今月コンシューマリポーツの調査では、3万人の眼鏡着用者が彼らの好きな眼鏡小売業者としてコストコを選びました。

3. ノートパソコン
ノートPCのコストコの価格が安いのは一つですが、コストコで買う更なる利があります。ほとんどのメーカーが1年間に対して、2年の保証をすることです。90日以内返品可能で、コストコメンバーでコストコでノートPC購入者には無料でセットアップのための質問、製品使用、、修理技術者に相談できます。

4. 特上オリーブ油
コストコのカークランドエキストラバージンオリーブオイルは、Bertolliブランドの半額ですが、市販の19個のオリーブ油の最近の比較では、カリフォルニア大学-デイヴィスの研究グループ オリーブセンターでは、カークランドが味を悪くする安い精製オリーブ油を混ぜなかったのは調査した5社中1社だけであることがわかりました。ただ「特上」なので、「特上でないものより」少し高めです。

以上

2010年11月14日 (日)

法輪功はなぜにそんなに中国共産党に敵視されるの?

法輪功はなぜにそんなに中国共産党に敵視されるのか?

一方、宗教でなく、国家転覆も詐欺的行為もするつもりがないのなら、なぜ世界中の資本主義諸国の観光地で何かを観光客に訴えているのだろう? 大体立派なメディアまで持って、どうしようと言うのだろう?
以下の文章も法輪功のお抱えテレビがYouTubeに流されたもので上海万博がらみのをタイプしました。
繁体字であるところから、台湾人が関係しているのか、はたまた様々な詐欺宗教を生み出す朝鮮民族が教祖の個人崇拝新興宗教なのか?よくわからん!
法輪功 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E8%BC%AA%E5%8A%9F
李洪志 
$にしうり はじめのブログ

因みに中国大陸では原則YouTubeは見れません。

見よ! 中国警察の女性に対する侮辱=上海の裏顔
http://www.youtube.com/watch?v=LPK96kyTZDw&feature=related
ニューヨークタイムズ紙のカメラマン。社斌「上海どくろの地」作者 取材
新唐人 新聞週刊
私はスカイプで取材した。直接ではない直接ならとても切り出せない。
私の取材は時に残酷だから。
「留置所での大小便は?」とも尋ねた。仔細を知りたかったから詳しく聞いた。
彼女の両手は後ろで手錠をかけられ、自分ではズボンを下ろせない。
大小便とも洗面器を使ったそうだ。彼女は話しながら泣いていた。

3つのグループに取材したが留置所など入った後、金を調べられる。
陳情者の身に付けた金、全部没収される。
ある男は「共産党の金は絶対の残せ」と言い放った。
その男は女性陳情者に「女でも真っ裸にして金を調べる」と言った。
男性陳情者なら裸にすれば金を隠す所がなく打つ手がない。
だが女性でも服をはぎとった。そしてひざまずかせた。
実際「金を調べる」は口実で、侮辱するのが目的だ。

その手下四人は若くて力も強い。
沈佩蘭さんは彼らの母親と同じ年齢だ。
その四人は彼女を旅館に押し込め彼女の服をすべてはぎとった。
これに彼女は激怒した教養のある方だったから。
上海のような大都市に住む女性はプライドがあるから
怒った彼女は恥も捨てて裸でもがき立ち上がった。
彼らは気にかけずリモコンで冷房をかけた。
真っ裸だから凍えてしまう。一時間余りして彼女は気絶して倒れた。
これはまさに恥だ。自分の国民の尊重できない国が世界に尊敬されるのか。

温家宝首相は2010年政府活動報告で「人民に尊厳ある生活を」と言った。
人民の尊厳ある生活のために、一部の人は尊厳を放棄しろと?
上海万博のように、米国が「予算が通らないから万博に出られない」と言うと、
中国は建設費用を米国に援助した。
北朝鮮――ならず者国家にさえ中国は援助した。
アフリカに対し中国は一億ドルをだしたそうだ。
アフリカ43カ国のパビリオンのために、一億ドル全て中国人の税金だ。
そんな大金で外国を助けるのに、家を失った人に少しの補償すらしない。
私は納得できない。

私は以前上海で家を買うつもりだった。
将来上海に住むために。
上海は海に近く、いたるところ綺麗な高層ビル。
若くて活気ある都市だと思っていた。でも今はそうおもわない。
今、上海政府が家をくれても私は住まない。
ここはあまりにつらくてわびしい所だから。
彼らの境遇はひどすぎる。訴えるところもない。侮辱されてもなすすべがない。

以上

ここでは重いネタを特定しているので
グルメや旅行の話
音楽を中心とした話

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »