最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月

2010年6月23日 (水)

The Walker (完全ネタばれします) やはり聖書は支配者にとっては武器となる?

The walker ザ・ウォーカー見ました。

The Book of Eli(イーライの本)が原題です。


オチが再び聖書が世界中に届けられることが善となっていますが、

では、

なぜ世界崩壊時前に時の権力者が聖書をすべて破棄させたのか?は具体的に述べられていません。


ハリウッド映画なので勧善懲悪で主人公=善、敵役=悪を紋切り型に分けていますし、アメリカで「聖書のせいで最終戦争が行われた」とかキリスト教を敵視するのはタブーなのでそうはなっていませんが、

・悪役側が「この本があればすべてを支配できる」という件と、

・劇中で時の権力者が聖書を破棄している事実から

この映画の原作者は少なくとも単純に「聖書=善」という考えではないと見て取れます。




以前このブログで2010-05-02にアップした、

「WHO IS CHRIST!キリストって何者? なぜローマ軍がキリスト教を重宝したか?2で、

ユダヤ教の一亜流であったキリスト教は支配する側に有利であったのでローマ軍に重用されたという主旨のことを書きましたが、偶然にもこの映画で類似した考え方に出会えました。


アメリカ映画は昔はヨーロッパ白人によるアメリカ原住民侵略を正当化するために、

西部劇でカウボーイがアパッチなる”極悪非道な原住民”と戦う内容を造り続け、

その後、第二次世界大戦ではソ連を悪とする戦争映画、

その後、アラブ諸国にはハイジャックなどのテロ映画で、イラン人などの中東イスラム教徒を悪として描いてきました。

長らく世界一の経済力を誇るので、万人が見て楽しめるようにアクションなどの娯楽要素は世界一です。

日本は米国の属国ですから当然にせよ、

世界中の子供や若者が、映画館で、海賊版ビデオやDVDで、

映像娯楽性世界一で、勧善懲悪、ハッピーエンドでスカッとするハリウッド映画を見て育つので、

今の世界の価値観が米国寄りになっています。


その中で、なぜ、この映画は微妙に聖書のリスクを匂わせる造りになったのでしょうか?

とうとうハリウッドにも中国マネーの影響が出てきたかも?


オワリ

2010年6月 6日 (日)

研究が示す真の健康リスク加工肉⑤Processed meat risk

研究が示す真の健康リスク加工肉5
Study suggests processed meat a real health risk
20100519

「アメリカ合衆国で食べられる未加工赤肉と加工肉の中の平均した栄養を見ると、双方に同様の平均量で飽和脂肪やコレステロールを含んでいるのがわかりました。」と、ミーヒャは言いました。
"When we looked at average nutrients in unprocessed red and processed meats eaten in the United States, we found that they contained similar average amounts of saturated fat and cholesterol," Micha said.

「対照的に、平均的に加工肉は4倍以上のナトリウムと50パーセント以上の硝酸塩保存料を含んでいました。」と、ミーヒャは言い足しました。
"In contrast, processed meats contained, on average, four times more sodium and 50 percent more nitrate preservatives," Micha added.

先月、医学研究所は、アメリカ人の高塩分摂取をカットする一助として食物に加えられた塩分量を規制するよう米食品医薬品局(FDA)に促しました。
Last month, the Institute of Medicine urged the U.S. Food and Drug Administration to regulate the amount of salt added to foods to help Americans cut their high sodium intake.

FDAは、食物中に塩分を規制するかどうかまだ言及していませんが、問題視しています。
The FDA has not yet said whether it will regulate salt in foods, but it is looking at the issue.

(編集 エリック・ウォルシュ)
(Editing by Eric Walsh)

以上

2010年6月 2日 (水)

アガサが150人を殺し、グアテマラに巨大な陥没

Tropical Storm Agatha floods kill 150, cause giant sinkhole in Guatemala City
トロピカルストーム(ハリケーンより最大風速が少し遅い熱帯性低気圧)アガサの洪水が150人を殺し、グアテマラシティーに巨大な陥没を引き起こした。
Flooding and landslides from tropical storm Agatha have killed more than 150 people throughout Central America in the past few days, and apparently caused a giant Guatemala City sinkhole.
熱帯低気圧アガサによる洪水と地すべりで、過去数日間、中央アメリカで150人以上が死亡し、明らかにこれに起因してグアテマラシティーに巨大な陥没が発生した。

Villagers have been buried alive in Guatemala. Residents, caked in mud, have searched in the wreckage of their homes for loved ones.
グアテマラでは村人がで生き埋めにされている。泥だらけの住民は、彼らの家の残骸から愛する者のために懸命に捜索していた。
Aerial photos show entire swaths of the nation's coffee crop under water. Then, there's the giant Guatemala City sinkhole.
空中写真は、水没した国のコーヒー収穫跡、そこに巨大なグアテマラシティーの巨大な陥没が見える。

The Atlantic hurricane season opens today, preceded by the Pacific one just weeks earlier, but already seasonal weather – coupled with volcano eruptions and other freak accidents – has battered Central American nations
大西洋のハリケーンシーズンが太平洋より数週間早く今日始まりますが、すでに季節の天気は、火山噴火や他の異常事態で中米各国はボロボロです。
にしうり はじめのブログ
にしうり はじめのブログ
にしうり はじめのブログ
にしうり はじめのブログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »