最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« オバマさんの都市伝説 | トップページ | WHO IS CHRIST!キリストって何者? なぜローマ軍がキリスト教を重宝したか?2 »

2010年5月 2日 (日)

WHO IS CHRIST!キリストって何者? なぜローマ軍がキリスト教を重宝したか?1

スイマセソ。更新忘れてました。
がんばってこちらも更新します。
英語適当なので、ツッこまないで下さい。

この前、ともだちンチでCATVを見ていたら、聖書を科学的に説明する番組とキリストさんの話の番組を続けてやっていました。暇で他にロクな番組がなかったので、見ちゃいました。

エジプトの奴隷だったヘブライ人=ユダヤ人=イスラエル人が、ある時期エジプト人たちに虐待され、仕返しを恐れて男子を根絶やしにしようとしたのですが、ある女性は息子を助けるために籠に入れて川に流します。赤ん坊はエジプトの貴族(王妃の一人?)に拾われ、育てられるのですが、それがモーゼです。
モーゼは自分が奴隷であるヘブライ人の子と知ってか知らずか、奴隷を解放しようとして王から国を追われます。

シナイ半島方面を放浪している間に、燃え続ける木があって、その木から神様が「奴隷を解放しないと十の災難がエジプトを襲う」とお達しがあり、モーゼはエジプトに帰ってそれを伝えます。番組は燃え続ける木とは天然ガスに引火して、そこにタマタマあった木が燃え尽きないように見えたのだといいます。

モーゼはエジプトに戻って王様にそれを言いますが取り合いません。そして十の災難が実際に起き、王は慌ててヘブライ人をエジプトから追い出します。この十の災難は天候変化に基づく連鎖的な災害だと番組は説明します。

そして神様がくれてやると約束したエルサレム付近のイスラエルの土地を目指します。海が割れる説明をど忘れしましたが、とにかく着きます。ここからは番組ではなかったのですが、ここが無茶苦茶なのですが、ある解釈によると「どんだけ人を殺しても構わないからイスラエルの土地をやる」という神様とヘブライ人の約束があり、それで先に住んでいた今でいうパレスチナ人を虐殺して住み着いたのがイスラエルだという話があります。だから三千年もイスラエルとパレスチナで殺し合いをしているのです。

つづく。

« オバマさんの都市伝説 | トップページ | WHO IS CHRIST!キリストって何者? なぜローマ軍がキリスト教を重宝したか?2 »

宗教と政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1435253/37684979

この記事へのトラックバック一覧です: WHO IS CHRIST!キリストって何者? なぜローマ軍がキリスト教を重宝したか?1:

« オバマさんの都市伝説 | トップページ | WHO IS CHRIST!キリストって何者? なぜローマ軍がキリスト教を重宝したか?2 »